日本文具大賞、2016年のグランプリ決定

その年の最も優れた文具に贈られるアワード「第25回日本文具大賞」が、6日に東京ビッグサイトで発表された。2015年7月11日以降に発表された新商品の中から、機能部門、デザイン部門の2部門でグランプリが選ばれた。

今年のグランプリ商品は以下。

◆機能部門:デザインフィルのシステム手帳「knoxbrain LUFT」

日本文具大賞 今年のグランプリ発表

表紙カバーの一枚の本革、オリジナルバックプレート、リングの3パーツだけで構成したシンプルな仕様。手帳素材である皮革との合体によって、従来リングの手帳では困難だった開閉180度オープンを実現した点が高く評価された。

◆デザイン部門:あたぼうの原稿用紙「飾り原稿用紙 碧翡翠」

日本文具大賞、2016年のグランプリ決定

万年筆や鉛筆などで文字を書くことを楽しむための原稿用紙。ユーザーによっては、書くだけでなく、包装紙やブックカバーとして利用する使い方もあるという。

「日本文具大賞」はリードエグジビジョン主催のメディアやバイヤーの注目を多く集めるアワード。”折れないシャーペン”で知られるゼブラの「デルガード」も、昨年の受賞商品の1つ。

受賞商品は、業界を代表するプロダクトデザイナーや専門紙誌の編集長で構成された審査委員会によって選定。各部門の優秀賞5製品を決定し、その中からグランプリを決定している。

画像提供:リードエグジビジョンジャパン

 
Facebook Like!

関連記事一覧