• HOME
  • 科学・技術
  • 四肢動物の「指」、魚のひれを支える「すじ」から進化 シカゴ大

四肢動物の「指」、魚のひれを支える「すじ」から進化 シカゴ大

私たちの指は、魚のひれを支える線状のすじから進化した――。米シカゴ大の中村哲也研究員らのチームが発見し、17日付の英科学誌『ネイチャー』に掲載された。

これまで化石などの研究から、哺乳ほにゅう類や爬虫はちゅう類などの四肢動物の前肢は魚の胸びれから、後肢は腹びれからできたと考えられてきた。しかし、ひれのどの部分が指になったのかは、はっきりしていなかった。

今回、同チームは、マウスなどで指をつくる遺伝子「hox13」に着目。性質がよく知られている熱帯魚のゼブラフィッシュを使い、この遺伝子が働かないようにしたところ、胸びれや腹びれなどの鰭条きじょうと呼ばれるすじがほとんどできなかった。ひれの根元にある硬い骨は残っていた。

画像提供:nature.com

 
Facebook Like!

関連記事一覧