• HOME
  • カルチャー
  • 舞台創作で子どもの自発性が向上 リトル・ミュージカルが公演

舞台創作で子どもの自発性が向上 リトル・ミュージカルが公演

子どもによる創作ミュージカルで教育に取り組む非営利の劇団リトル・ミュージカル(東京都渋谷区)は、4回目の成果発表として9月10~11日の2日間、渋谷区総合文化センター大和田で公演「ハートガラポンの不思議な島」を上演する。創作活動を通して、子どもたちの自発性に変化が見られているという。

リトル・ミュージカルは2013年に発足。創作から演技までを全て子どもが行うという独自のミュージカル教育プログラムで、子どもの育成に取り組んでいる。大人が作った脚本を与えるのではなく、子供たちが自分たちでシナリオを作る。これを通して、自ら問題を見つけ、それを解決していく「創造力」を育成することがねらい。

劇団の活動に参加した子どもたちは、家庭や学校での生活に積極性が増したほか、小説やイラスト、脚本や演出を手掛けたり、自発的に作品を発表したりするなどの変化が見られたという。

今回上演する作品は、冒険好きな少年たちが地図にも載っていない不思議な島に辿り着き、その島で個性豊かなさまざまな生き物と遭遇するというストーリー。

【詳細情報】
公演名:リトル・ミュージカル第4回公演「ハートガラポンの不思議な島」
日時:2016年9月10日(土)18:00~、
9月11日(日)11:00~、14:00~、17:30~
場所:渋谷区総合文化センター大和田 6F伝承ホール
舞台製作協力費:大人2000円、中学生まで800円

画像提供:リトル・ミュージカル

 
Facebook Like!

関連記事一覧