九州・山口がWLB推進で動画 「夫の家事サポート大切」訴え

九州の各県・山口県と経済界が、「九州・山口 ワーク・ライフ・バランス 推進キャンペーン」の一環として、現役知事が妊婦の大変さを体験することで「育児・家事のサポートの大切さ」を訴えるムービーを公開した。

2012年に国際社会調査プログラムが実施した調査によると、「日本の夫は世界一、家事・育児をしない」という結果が出ており、同キャンペーンを通してワーク・ライフ・バランスについての理解促進と職場環境の改善を図る。

キャンペーンのため3つのウェブムービーが公開された。「知事が妊婦に」篇では、佐賀県・山口県・宮崎県の現役知事が、妊婦の生活を体験できる重さ7.3kgの「妊婦ジャケット」を着用し、普段通りの仕事や家事をすることで、夫による育児や家事サポートの大切さを実感するというもの。このほかに、「ごめんね弁当」篇、「NO残業社長!」篇があり、仕事と生活の両立を大切にし、子育てに優しい職場づくりを啓発する。

10月1~31日はキャンペーン推進月間であり、九州・山口の各県ではワーク・ライフ・バランスに関するセミナーや周知活動などの推進事業が行なわれる。

公式サイト
http://kyushu-yamaguchi-wlb.com

画像提供:worklifebalance

 
Facebook Like!

関連記事一覧