仏LVMHが独高級ラゲージメーカーのリモワ買収

フランスの高級ブランドグループLVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)が、ドイツの老舗ラゲージメーカー、リモワ社を買収することを発表した。LVMHはリモワ社株の80%を6億4000万ユーロ(約740億円)で取得し、2017年1月までに買収を完了するとしている。4日付の独シュピーゲル・オンライン版が伝えた。

リモワは、アルミ合金であるジュラルミン製の旅行用スーツケースで知られる、創業115年の老舗ラゲージメーカー。ドイツ・ケルンに本拠地を置き、リモワのスーツケースは「スーツケースの中のベンツ」と位置づけられている。会社名のリモワ(Rimowa)は創業者のリヒャルト・モルシェックの名を冠した、「リヒャルト・モルシェック商標(Richard Morszeck Warenzeichen)」を略したもの。今日では、創業者の孫にあたるディーター・モルシェック氏が社長を務めており、この体制は買収後も継続する予定だという。

リモワ社は従業員数3000人で、2015年の売り上げは前年比28%アップの3億5000万ユーロ(約410億円)。さらに今年は4億ユーロ(約460億円)以上の売り上げが見込まれている。LVMHはルイ・ヴィトン、ケンゾー、ジバンシーなどの高級モードブランドを傘下に収めており、同傘下としてはリモワが初のドイツ企業となる。

※1ユーロ=116円で換算。(6日時点)

 
Facebook Like!

関連記事一覧