北九州市でWi-Fi付き「プレミアムタクシー」開始

北九州に本社を置く第一交通産業は4日、同社の優良乗務員が運転する、無料Wi-Fiを備えた「プレミアムタクシー」の運行を北九州地区で開始した。

ハイヤー並みのハイグレード車両を新たに14台導入し、社内で設定した高度接客試験に合格した乗務員が運転する。このワンランク上のサービスを通常のタクシー料金と同額で乗車できるのが特徴。会社役員の定期送迎や海外からの要人接客送迎など、特別なシーンでの利用を想定しており、ETCに加えて、Wi-Fiを標準装備することで利用者の満足度を上げるのが狙い。台数に限りがあるため、事前予約による迎車を基本として運行するという。

「プレミアムタクシー」という呼び名のサービス自体は、2009年から福岡市タクシー協会がスタートさせていたが、北九州市では同社が独自に開始した。

画像提供:第一交通産業

 
Facebook Like!

関連記事一覧