HISとANAが宇宙旅行に向けた資本提携 ベンチャーに出資も

HISとANAが宇宙旅行に向けた資本提携 ベンチャーに出資も

HISとANAホールディングスは、宇宙旅行や宇宙輸送の実現に向けて国内唯一の有人宇宙機開発ベンチャーPDエアロスペースと資本提携したと、1日に発表した。民間主導で宇宙機開発を推進し、2023年12月の商業運航開始を目指す。PDエアロスペースへの出資は、HISが持株比率10.3%、ANAホールディングスが持株比率7.0%となる。

PDエアロスペースは2007年に設立した、低コストで利便性の高い宇宙輸送インフラの構築に向けて事業展開するベンチャー。現在はジェットエンジンとロケットエンジンを切り替えることのできる世界初の次世代エンジンを開発中。これにより大気中も宇宙空間も1つの機体で飛行することが可能になるという。また燃料タンクを都度使い捨てるスペースシャトルとは異なり、機体全てを再利用可能にする宇宙機システムを開発している。

資本提携後は、ANAの旅客機運航の知見を活かして宇宙機開発を進め、HISは宇宙旅行や宇宙輸送サービスの販売などを担い、PDエアロスペースの有人宇宙機の開発を通じて、人々にとって宇宙をより身近な存在にしていく事業展開をサポートしていく。

画像提供:HIS・ANAホールディングス・PDエアロスペース

 
Facebook Like!

関連記事一覧