JALとIBM、航空機関連のビッグデータを活用した故障予測を実施

JALとIBM、航空機関連のビッグデータを活用した故障予測を実施

日本航空(JAL)と日本IBMは7日、ビッグデータを活用した航空機の故障予測分析を12月から実施すると発表。IBMの統計分析ソフトを活用して航空機の品質向上を図り、機体の不具合による欠航や遅延などを防止する。

同ソフトでは、航空機の機体、エンジン、整備品に取り付けられたセンサーから、温度や圧力などさまざまなデータや、機体や部品の整備履歴等の大量データを収集、統合的な分析を行う。これによって故障予測結果に基づいた的確な予防整備を実施できるという。

JALではこれまでセンサーの値などは航空機の1フライト単位でモニタリングし、異常値の検出やそれに準じた整備処置などの対応をしていた。昨年11月から1年間は実証実験を実施し、すでに一定の精度で事前に故障予測ができることを確認したことから、さらに分析対象の拡大と故障予測技術の高度化を進める。

画像提供:JAL・IBM

 
Facebook Like!

関連記事一覧