• HOME
  • 科学・技術
  • 農作業者の健康管理や業務最適化を行うIoTソリューションを開発
農作業者の健康管理や業務最適化を行うIoTソリューションを開発

農作業者の健康管理や業務最適化を行うIoTソリューションを開発

伊藤忠テクノソリューションズは9日、農作業者の健康状態をセンサーデータによって適切に把握し、健康・労務管理や業務最適化を行うIoTソリューションを開発したと発表した。

農業の繁忙期には、人手不足を補うために普段は農作業していない人が駆り出されるケースがあるという。夏場のビニールハウスでの農作業であれば高温多湿な環境のため慣れていない作業者は熱中症になってしまうこともあり、健康管理が必要とされている。

同ソリューションでは、まず身体姿勢や転倒などを把握する動作データ、身体への負荷や熱ストレスなどを把握する身体データ、位置情報や移動軌跡などを把握するロケーションデータなど、さまざまなデータをIoTセンサーで取得する。これにシフト管理表や業務日誌、収穫実績などの作業記録データを掛け合わせて分析することで、健康管理や業務効率化ができるという。

8〜9月に実施されたトライアルでは、作業内容や連続勤務日数と健康状態が関係していることを確認し、ストレスのかかる作業の発見と適切な作業の分配、休憩取得タイミングの提示、連続勤続日数の個人最適化などができるようになった。また気温や日照時間や湿度などの環境データを用いることで農作物の生育量予測を行うこともできたという。

今後、同社はトライアル対象施設を拡大し、来年度に提供を開始する方針。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧