情報処理学会、コンピューター将棋プロジェクトの終了宣言

将棋電王戦でAIと戦うプロ棋士が佐藤天彦九段に決定

将棋ソフトとプロ棋士が対戦する「第2期電王戦」に向け、代表棋士を選出する「第2期叡王戦」決戦三番勝負の第2局が11日に行われた。佐藤天彦九段(28)が千田翔太五段(22)に2連勝し、優勝を決めた。佐藤九段は、2017年春開催の電王戦で人工知能(AI)と対戦することになる。

叡王戦は現役プロ棋士のエントリー制で、段位別予選と本戦とを戦って優勝棋士を決めた。来春の電王戦で佐藤九段の相手となるソフトは、10月に開かれた将棋ソフト同士の対決「第4回将棋電王トーナメント」で優勝した「PONANZA(ポナンザ)」。PONANZAは、今春の「第1期電王戦」で「第1期叡王戦」優勝者の山崎隆之八段と二番勝負で対戦し、2局とも勝利している。

参考記事
将棋電王トーナメントでPONANZAが2連覇、プロ棋士と対決へ(2016/10/12)

 
Facebook Like!

関連記事一覧