世界初進出ムーミン谷「Metsä」埼玉県に開設決定!

6月30日、フィンティックグローバル社が「ムーミン」の世界を体験できる施設「Metsä(メッツア)」を開設すると発表した。ムーミンは、フィンランド人作家トーベ・ヤンソンによる「ムーミン・シリーズ」に登場する妖精の一種で、フィンランドでも日本でも根強い人気を誇る。同社は、埼玉県飯能市の宮沢湖付近の土地約18万7000m2を西武鉄道から6億円で購入。世界初進出となる同施設は2017年にオープンする予定だ。

宮沢湖は「レイクサイドパーク宮沢湖」などのレクリエーション施設も整備されており、森林と人と都市機能が調和する飯能市は、ムーミン谷を現わすのに相応しいとの評価で、この場所に開設することを決めた。

「メッツア」はフィンランド語で森を意味する。無料の公園機能を維持したパブリックゾーンと、ショップ・レストラン等を展開するムーミンゾーンの2つをもって、自然と北欧の雰囲気を気軽に体感できるようなテーマパークの実現をめざす。

関連記事一覧