高級魚アラレガコの養殖個体を展示 越前松島水族館

高級魚アラレガコの養殖個体を展示 越前松島水族館

越前松島水族館(福井県坂井市)では、高級魚アラレガコの養殖個体の展示を行っている。これは、福井県立大学と県立若狭高校との共同研究によってアラレガコの食用レベルでの養殖技術が確立され、その一部を展示したもの。

アラレガコの繁殖は同水族館が手掛け、1979年に日本動物園水族館協会の繁殖賞を受賞している。その後、福井県立大学海洋生物資源学部と若狭高校の高大連携の共同研究によって養殖技術が確立され、大量生産できるようになった。

アラレガコは正式な和名をカマキリと言い、カジカ科で20cmほどの大きさ。福井県の九頭竜川の一部地域では天然記念物に指定され、福井県の絶滅危惧Ⅱ類でもある。霰の降るころに産卵のために川から海へ下っていくことから、アラレガコという地方名が付いている。唐揚げや塩焼き、煮魚などにして食べる。しっかりとした肉質で野趣に富んだ味だという。

【施設情報】
越前松島水族館
福井県坂井市三国町崎74-2-3
TEL:0776-81-2700
http://www.echizen-aquarium.com/
開館時間 9:00~17:30 (季節変動あり、年中無休)

画像提供:越前松島水族館

 
Facebook Like!

関連記事一覧