世界で初めてイチジクのゲノム解読に成功 福岡県

イチジクのゲノム解読に成功 雌雄株の判別が容易に

かずさDNA研究所、福岡県農林業総合試験場、九州大学は、イチジクのゲノム配列の解読に成功したと発表。研究成果は1月25日に英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表された。今後は果実の大きさや甘さ、病害耐性などを改良した品種の育成が期待される。

解析したのは、日本最古のイチジク品種「蓬莱柿ほうらいし」のゲノムで、約3万6000個の遺伝子の塩基配列が決定された。また、雌雄株の決定に関わる遺伝子候補を同定し、DNAマーカーを開発したことで、イチジクの雌株と雄株を識別できるようになった。イチジクの果実樹のうち、食べることのできる果実ができるのは雌株のみだが、外観で雌雄を判別するのは難しいため、従来は2~3年かけて結実する果実を採取して観察する必要があった。

今後、ゲノム配列や遺伝子情報に基づく交配・選抜により、品種の開発期間が半分程度に短縮されることが期待されるという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧