ホンダのカーナビがIEEEマイルストーン認定

ホンダのカーナビがIEEEマイルストーン認定

ホンダが1981年に地図型カーナビゲーションシステムとして商品化した「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が、電気電子技術者協会(IEEE、アイトリプルイー)が電気通信分野の歴史的業績と認めた製品に贈る「IEEEマイルストーン」に認定された。

IEEEは米国に本部を置く電気・通信分野における世界最大の学会。「IEEEマイルストーン」は、電気・通信分野において、開発から25年以上経過し社会や産業の発展に多大な貢献をしたとされる歴史的な業績を、IEEEが認定するというもの。1983年に制定されて以来、2017年2月までに世界で174件が認定されてきた。

同社によると、自動車産業界で同賞に認定されるのは、ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータが初だという。同製品は、方向センサーを自動車用に実用化し、走行距離センサーなどと組み合わせて移動方向と移動量を検出、現在位置を地図上に表示できるようにしており、カーナビの世界標準を築いたという功績が評価された。

画像提供:ホンダ

 
Facebook Like!

関連記事一覧