訪日客過去最高 2016年は 2403万人

3月の訪日外客数220万6千人 同月比で過去最高

日本政府観光局(JNTO)が19日に発表した訪日外客数2017年3月推計値によると、3月の訪日外客数は、前年同月比9.8%増の220万6000人。2016年3月の201万人を19万人以上上回り、3月として過去最高となった。

JNTOは今回の結果について、昨年は3月末だったイースター休暇が4月となったことが欧米豪州を中心とした市場に影響を及ぼし、訪日外客数全体の伸び率は1桁に留まったと分析。また一方で、航空路線の新規就航・増便やクルーズ船寄港数の増加、継続的な訪日旅行プロモーションの効果などが訪日需要を後押しし、単月としては過去3番目に多い人数となった。

市場別では、JNTOが重点市場と定める20の国・地域のうち、米国が単月として過去最高を記録。フィリピン、豪州、英国、スペインを除く15市場が3月として過去最高となった。

地域別に見ると、特に伸び率が30%以上と高かったのが、東アジアでは韓国が前年同月比30.6%増の48万8400人。東南アジアではインドネシアが前年同月比34.5%増の3万6000人で、ベトナムが前年同月比 31.8%増の3万600人。欧州ではロシアが前年同月比43.9%増の7100人だった。

4月の見通しについては、日本の広い地域で桜が見頃を迎えるなど外国人旅行者に人気の高い訪日旅行シーズンであることから、訪日需要の高まりが期待できるとした。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧