「東京都アレルギー情報navi.」21日公開

アレルギー疾患ポータルサイト、都が公開

東京都は21日、アレルギー疾患に関するポータルサイト「東京都アレルギー情報navi.」を公開した。アレルギー患者と家族、医療関係者や保育施設職員などを対象に、アレルギーの予防や症状の軽減のために正しい知識を持てるよう、総合的な情報を提供する。

取り扱う情報は、アレルギー疾患対策基本法で定められた気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、食物アレルギーの6疾患。

同サイトでは、誤った情報で症状を悪化させないよう専門医等が監修した正しい情報を提供し、最新情報をタイムリーに掲載することを特長としている。また、疾患別・目的別の両方から情報を探しやすいようにメニューボタンを設置した。

アレルギー疾患は近年増加傾向にあり、2014年に都の実施したアレルギー疾患に関する3歳児全都調査では、3歳までに何らかのアレルギー疾患を診断された子供は約4割に上った。特に食物アレルギーについては調査開始の1999年から一貫して増加しているという。

東京都アレルギー情報navi.
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/allergy/

画像提供:東京都

 
Facebook Like!

関連記事一覧