日本の美しい森を多くの人に お薦めの国有林を選定 林野庁

日本屈指の美しい国有林93カ所を選定 林野庁

林野庁は「日本美しの森 お薦め国有林」を全国で93カ所選定したことを4月28日に発表した。選定された国有林は今後3年かけて多言語による標識類の設置や情報発信、環境整備などを行い、多くの人が日本の美しい森林景観を味わえるようにしていく。

今回選定された「日本美しの森 お薦め国有林」は、国有林の中でも特に優れた自然景観を有し、森林浴や自然観察、野外スポーツなどを通して豊かな自然に親しめるよう設置された「レクリエーションの森」の中から、観光資源として潜在的魅力が認識される森が選ばれた。初年度となる2017年度は、「代表例」として選ばれた森から情報発信、環境整備を行っていく方針。フォトコンテストなどの開催も検討している。

2016年3月30日に開催された「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」において、観光を日本の基幹産業へと成長させるための「観光ビジョン」が策定された。林野庁ではそのビジョンを踏まえ、2017年度より優れた自然景観を有するなど観光資源としての潜在的な魅力を持つ「レクリエーションの森」を核とした、山村地域における観光地域づくりの取り組みを推進している。

(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧