• HOME
  • 特集
  • 四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ
四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ

四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ

松山から再び予讃線に乗って香川県に向かった。青と黄色で彩られたかわいらしい駅舎を通り過ぎ、タオルで有名な今治市を通過し海沿いを走る。

高知から愛媛にかけては山間を縫うように列車が走っていたが、香川に入ると平らな農村地域を走り、車窓からの眺めには田園風景が広がる。田植えが始まった田んぼや黄色く色づき始めた小麦畑、ところどころで野菜畑も現れる。

四国ローカル線の旅(3)松山から予讃線で香川へ

また香川県に入ると見えてくる山並みは、高知県のなだらかな山とは異なり、富士山のようなきれいな円錐形を描いていた。このあと記者は多度津駅で土讃線に乗り換え、3駅目の琴平駅で下車した。

四国ローカル線の旅(4)に続く。

参考記事
四国ローカル線の旅(1)四万十川~瀬戸内海沿いを走る(2017/05/15)
四国ローカル線の旅(2)坊ちゃん列車で松山市内めぐり(2017/05/23)

 
Facebook Like!

関連記事一覧