6月1日、準天頂衛星「みちびき2号機」打ち上げをライブ中継

「みちびき2号機」打ち上げをライブ中継 6月1日

内閣府宇宙開発戦略推進事務局は、6月1日9時20分ごろに種子島宇宙センターから打ち上げるH2Aロケット34号機のライブ中継を実施すると発表。同ロケットには準天頂衛星「みちびき2号機」を搭載しており、全地球測位システム(GPS)の測位精度を向上させるねらい。

ライブ中継の時間は8時50分ごろから9時25分ごろまで。インターネット配信やケーブルテレビでの放映の他に、各地の施設でパブリックビューイングも行なわれる。打ち上げ時には、全国の科学館などで撮影された子どもたちの声でカウントダウンをする映像をネット中継で放送する「みんなのカウントダウン」も実施。全国57団体、オーストラリア1団体の総勢1700人以上が参加する。

みちびきは、日本の上空での滞在時間が長い軌道を通り、GPSの測位精度を向上させる役割の衛星。今年度中に4号機まで打ち上げられる予定となっている。

(写真はイメージ)

参考記事
準天頂衛星「みちびき」機体公開 JAXA筑波宇宙センター(2017/04/10)

関連記事一覧