水素社会を支援、トヨタ・モビリティ基金が研究助成

トヨタ・モビリティ基金(TMF)は7月31日、「水素社会構築に向けた革新研究助成」プログラムを創設し、同日より公募を開始。2025~30年頃の実用化を目指す研究を助成する。

TMFはエネルギー問題を重要な課題として新規テーマに定め、水素社会構築に向けた革新的な基礎研究を支援するプログラムを開始。公募は5年間継続する予定であり、初年度は国内の大学、公的機関を対象とするが来年度以降は海外の大学・公的機関への対象拡大を検討する。

二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に低減させた方法で製造された水素を「CO2フリー水素」と呼ぶ。太陽光や風力などの再生可能エネルギーと同様に地球温暖化防止に貢献する技術として注目を集める。

TMFは2014年8月の設立以来、タイやインドでの交通手段の多様化や、日本の中山間地域における移動の不自由を解消するためのプロジェクトに助成してきた。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧