ソフトバンク、自動運転技術開発企業を設立へ

デンソー、半導体新会社設立 自動運転で注目

自動車部品メーカーのデンソーは8日、新会社エヌエスアイテクス(東京都港区)を9月に設立すると発表した。エヌエスアイテクスは、自動運転用のキー技術となる半導体の開発設計を行う。

既存のCPU(中央演算処理装置)やGPU(画像処理半導体)といったプロセッサーと構造が異なる、新しい構造の次世代プロセッサーの開発を進める。新プロセッサーでは情報の高速処理が可能となり、幅広く車載用マイコンメーカーへライセンス販売していく方針だ。

近年の車載技術は、高度な電子制御必要なものが多く、車載半導体が不可欠となっている。自動運転など次世代技術の開発によって、半導体需要は一層増加していくことが見込まれている。特に車の周辺環境を、センサーや社外通信で入手した膨大な情報によって高速で処理する高性能半導体が必要になるという。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧