「大学発ベンチャー表彰2017」の受賞者を発表

「大学発ベンチャー表彰2017」の受賞者を発表

科学技術振興機構(JST)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は21日、「大学発ベンチャー表彰2017」の受賞者を発表した。

表彰されたベンチャーは6社。文部科学大臣賞は、東京大学が支援した深層学習アルゴリズム開発のPKSHA Technology(パークシャテクノロジー)。経済産業大臣賞は、京都大学が支援した世界初の透明断熱材として開発されたSUFA(スーファ)素材を事業化したティエムファクトリ。科学技術振興機構理事長賞は、佐賀大学が支援した三次元細胞積層技術を用いて血管などの再生医療を行うサイフューズがそれぞれ受賞した。

同表彰は大学現場での研究開発の成果を生かして起業したベンチャーのうちで今後の活躍が期待される優れたものと、その成長に寄与した大学や企業などを表彰するもの。2014年に始まり、本年度は53件の応募の中から審査を経て決定した。

表彰式は31日に東京ビッグサイトで行われ、受賞企業による事業紹介のプレゼンテーションやポスター展示などが行われる。

(写真はイメージ)

 
Facebook Like!

関連記事一覧