• HOME
  • 国際
  • 世界初 アイスランドが男女の給与格差を法律で禁止
世界初 アイスランドが男女の給与格差を法律で禁止

世界初 アイスランドが男女の給与格差を法律で禁止

アイスランドでは今年、男女の給与格差を禁止する法律が世界で初めて施行された。1月3日付の独ハンデルスブラット紙などが報じた。

この法律は昨年3月8日、国際婦人デーの日にアイスランド国会で採決され、2020年までに国内での完全な給与平等化実現を目指すとしている。1月1日から施行された同法は、従業員25人以上の企業および公共機関で同格の地位にある場合、性別を理由にした給与格差を禁止するというもの。雇用者側は給与格差是正の証明書提出を義務付けられ、違反した場合は罰金刑が科される。

世界経済フォーラムの「ジェンダーギャップ・リポート」2017年版によると、アイスランドは世界144カ国の中で男女格差が最も少ないと評価されており、男女間の給与格差は14~17.5%となっている。2位はノルウェー、3位はフィンランド、4位はルワンダ、5位がスウェーデンと北欧諸国が上位につけている。日本は114位と下位グループに属しており、最下位の144位はイエメンとなっている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧