• HOME
  • 社会・経済
  • 7月鉱工業生産指数が2カ月ぶりの低下、生産基調は「一進一退」

7月鉱工業生産指数が2カ月ぶりの低下、生産基調は「一進一退」

経済産業省が8月31日に発表した7月の鉱工業生産指数の速報値は、主要4指標(生産、出荷、在庫、在庫率)すべてで前月に比べ低下した。生産は0.6%減となり2カ月ぶりの低下、その他出荷は0.3%減、在庫は0.8%減、在庫率は1.1%減だった。

項目 季節調整済指数 原指数
指数 前月比(%) 指数 前年同月比(%)
生産 97.7(98.3) ▲0.6(1.1)    103.8 0.2
出荷 96.3(96.6) ▲0.3(0.6)    100.5 ▲0.7
在庫 113.7(114.6) ▲0.8(1.5)    115.9 2.7
在庫率 112.2(113.5) ▲1.1(▲1.6)    112.3 1.8

※()内は前月における確報値・前月比。指数は2010年を100として計算。▲はマイナスを示す。(経済産業省資料を基に作成)

一方、鉱工業のうち約40%の製造工業品目に絞った製造工業生産予測指数は、8月前月比2.8%上昇、9月が1.7%低下となり、同省は生産の基調判断を「一進一退で推移している」と伝えている。8月は情報通信機械工業、はん用・生産用・業務用機械工業、輸送機械工業などが上昇した。

(写真はイメージ)

関連記事一覧