豊田通商 オーダーメード型のリハビリ施設開設で新規事業へ参入

オーダーメード型のリハビリ施設開設 豊田通商

豊田通商は2月26日、同グループの介護ヘルスケア事業を営む豊通オールライフ(以下、オールライフ)が、オーダーメード型のリハビリ施設「エービック ザ・フィジオ・スタジオ」を東京都世田谷区に開設し、リハビリ事業に参入したことを発表した。

オールライフは、国内で脳卒中などの脳血管疾患や整形疾患などの後遺症に対するリハビリ需要が高まる中、満足なサービスを受けることができない「リハビリ難民」が存在している現状に着目。今後は「自費(保険外)リハビリ」事業を新たな選択肢として進め、患者の身体機能や日常生活動作(ADL)の改善、生活の質(QOL)の向上を図る。エービックでは、セラピストと呼ばれる理学療法士や作業療法士との面談や日常生活動作および脳・神経・骨・関節などの状態における評価をもとに、個別のリハビリ目標とプランを設定する。

(写真はイメージ)

関連記事一覧