• HOME
  • 科学・技術
  • 日産が電気自動車の年間100万台販売目指す 自動運転技術も搭載
日産が電気自動車の年間100万台販売目指す 自動運転技術も搭載

日産が電気自動車の年間100万台販売目指す 自動運転技術も搭載

日産自動車は23日、同社の中期計画の一環として、2022年度までに100%電気自動車(EV)とハイブリッドシステムのe-POWER搭載車を、あわせて年間100万台発売することを目指すと発表した。また自動運転技術「プロパイロット」を、自動運転モードの時はすべての運転操作をシステムが実行するレベル3まで進化させ、20車種に搭載するとした。

日産の「ノート」と「セレナ」に搭載されているe-POWERは、同社独自のハイブリッドシステムで、ガソリンエンジンで発電してモーターを駆動するもの。同社は、EV「リーフ」とe-POWER搭載車を含む電動駆動車の販売台数に占める割合が、2022年までに日本と欧州で40%、25年までに日本と欧州で50%、米国で20~30%、中国で35~40%になると見込んでいる。

自動運転技術については、同社の自動運転技術「プロパイロット」を2022年までに20車種に搭載し、年間販売台数100万台を目指す。「プロパイロット」については高速道路において複数車線を自動で走行する自動運転レベル3まで進化させ、1年以内に国内市場に導入する予定。

画像提供:日産自動車
 

参考記事
日産、EV車新型「リーフ」に自動運転レベル2を搭載(2017/09/09)

関連記事一覧