日産、EV車新型「リーフ」に自動運転レベル2を搭載

日産、EV車新型「リーフ」に自動運転レベル2を搭載

日産は6日、電気自動車(EV)に自動運転技術を搭載した新型「リーフ」を公開した。航続距離(最大限に充電した場合の走行可能最大距離)を400kmと大きく延長し、EVに対して持たれがちな「電池切れ」への不安を払拭。最新の自動運転技術を活用した「プロパイロット・パーキング」や、ペダルだけで日常走行操作のほとんどをカバーできる「e-Pedal(イーペダル)」が搭載されている。

新型リーフには同社の自動運転レベル2に相当する高速道路単一車線での自動運転技術「プロパイロット」を搭載。ミニバン「セレナ」、スポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」に次ぐ採用となる。さらに駐車において、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット・パーキング」をも搭載している。

e-Pedalはアクセスペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールする機能。アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと通常ブレーキの双方を自動的に制御して自動車を減速・停車させることができ、坂道においても停止を保持できる。

日本での発売は10月2日。米国、カナダ、欧州では2018年1月よりデリバリー開始を予定している。

画像提供:日産

参考記事
独アウディ、世界初自動運転レベル3搭載の新型A8を公開(2017/07/13)
日産エクストレイル 新型モデルに自動運転搭載(2017/06/14)
自動運転の定義、政府が見直し 「完全自動化」のレベル5新設(2017/01/04)
【解説】自動運転システムの「レベル」とは?(2016/09/24)

 
Facebook Like!

関連記事一覧