子育てしやすい街ランキング、東京は千代田区が1位

プラスアール(東京都港区)が8月28日に発表した「都市別・妊娠育児における住みやすい街ランキング」で、子育てしやすい街として東京では千代田区が1位となった。公園の充実度が高いことと、待機児童数が比較的少ないことが評価された。

東京での2位は港区で、出産・入院費が最大60万円まで助成される。3位は23区ではなく西多摩郡の日の出町で、次世代育成クーポンとして月に1万円の助成がある。4位は文京区、5位は中央区だった。

大阪エリアでの1位は、施設充実度が高い守口市。福岡エリアでは、都市圏ながらも待機児童0人の福岡市が1位となった。北海道のトップは小樽市、愛知県のトップは犬山市だった。

同社は、健康ポータルサイトや妊娠・育児をサポートするポータルサイトの運営や、50以上の疾患別健康管理アプリなどを展開するウェブサービス運営企業。同ランキングは、妊娠・出産・育児の支援や設備が充実した自治体の情報を求める声を受け、東京都、大阪府、福岡県、北海道、愛知県の各都市圏の「待機児童数」、「認可保育園充実度」、「公立幼稚園充実度」、「産婦人科充実度」、「小児科充実度」、「公園の充実度」を総合評価した。

(写真はイメージ)

関連記事一覧