• HOME
  • 国際
  • 9月からアイスランドでワーホリ開始 北欧では3カ国目
9月からアイスランドでワーホリ開始 北欧では3カ国目

9月からアイスランドでワーホリ開始 北欧では3カ国目

外務省は、日本とアイスランドの間でワーキングホリデー制度に関する口上書の交換が行われたことを発表した。これは5月末に、アイスランドのトールダルソン外務大臣が来日した際に実現したもので、両国間のワーキングホリデー制度は9月からスタートする予定。

ワーキングホリデー制度は、二国間の取り決めに基づいて、相手国への休暇目的の入国および滞在期間中に、旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認め、一定期間の滞在を可能にする制度。日本から申し込む場合は、日本国籍を持つ18~30歳までの青少年が対象となる。相手国への滞在を通して文化や生活様式に触れ、両国間の相互理解を深めることを目的としている。日本では、1980年にオーストラリアとの間で最初のワーキングホリデー制度が開始されたのを皮切りに、現在21カ国・地域との協定を結んでいる。

北欧諸国では2007年にデンマークと、2013年にノルウェーとのワーキングホリデーがスタート。また4月にはスウェーデンとも実質合意と伝えられたが、こちらの開始時期は未定となっている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧