• HOME
  • 国際
  • 日産、アフリカ・中近東・インドでの事業拡大へ
日産、アフリカ・中近東・インドでの事業拡大へ

日産、アフリカ・中近東・インドでの事業拡大へ

日産自動車は2017年度に打ち出した6年間の中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」の一環として、アフリカ・中近東・インドにおける事業拡大に向けた取り組みを、13日に発表した。同計画では2022年度末までに年間売上高を16兆5000億円に、コアとなる連結営業利益率を8%にすることを目指している。

中近東における2017年度の年間販売台数は9万6600台で、湾岸諸国ではマーケットシェア16%だったところから、2022年度には20%に拡大することを目指す。また、2017年度の南アフリカ共和国における販売台数は、前年比26%増の5万3400台と大きく伸ばした。これらの成長を基盤にし、さらにインドでは情報発信力のあるスポンサーシップなどで、ディーラーネットワークの強化を図るとしている。競争が少ない発展途上市場「フロンティア」への事業拡大も目指し、1800人以上の雇用創出が見込まれている。

同社の専務執行役員であり、アフリカ・中近東・インドマネジメントコミッティ担当のペイマンカーガーはこの計画に対し、「アフリカ・中近東・インドが持つポテンシャルを最大限に拡張する計画を示すもの」だとしている。

画像提供:日産自動車

関連記事一覧