• HOME
  • 社会・経済
  • 「みまもり自動販売機」内蔵小型カメラで防犯 キリンビバレッジ
「みまもり自動販売機」内蔵小型カメラで防犯 キリンビバレッジ

「みまもり自動販売機」内蔵小型カメラで防犯 キリンビバレッジ

大手飲料メーカーのキリンビバレッジは3日、警視庁西新井警察署(東京都足立区)と「防犯活動に関する覚書」を締結したことを発表した。この一環として同社は、小型カメラを内蔵した「みまもり自動販売機」を今夏から西新井警察署管内に設置する。

警視庁の調査によると、街頭防犯カメラの設置台数の増加に伴い、街頭犯罪認知件数は減少傾向にあるという。その一方、自治体や警察による防犯カメラの設置は費用や設置場所の制限により、進んでいない現状がある。

今回同社が開発した「みまもり自動販売機」は、自動販売機内の商品サンプルに高性能の小型カメラを内蔵。内蔵したカメラは人の目線と同じ高さで利用者の顔を撮影することができるため、従来よりも映像確認がよくできるようになる。開発に際しては西新井警察署が助言を行ない、これによって画質や記録時間、映像提供までのスピード等は警察が求める仕様になっているという。

今後は、通学路や女性や子どもが集う公園、公共施設に加え、賛同民間企業等への設置を進めていくとしている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧