『ギネス世界記録2016』発売、日本からも記録多数

最新の世界一の記録集として知られる書籍『ギネス世界記録2016』が10日、発売開始となった。日本からもさまざまな記録が認定された。

日本からの記録は、「BMX(競技用自転車)1分間最多タイムマシンスピン」(83回)で、プロライダーの池田貴広さんが自己記録を更新。また、島根県大田市にある仁摩にまサンドミュージアムにある全長5.2m、直径1m、砂の総重量1tの砂時計が「最大の砂時計」に、熊本県八代農業高等学校の学生が栽培した4859.7gのバンペイユ(晩白柚)が「最も重いザボン」に、福岡県の中尾浩二さんが栽培した250gのあまおうが「最も重いイチゴ」にそれぞれ認定された。また「1分間に犬が足でキャッチした最多ボール数」(14個)をビーグル犬プリンが達成した。

世界では、ベネズエラから「存命中の最も大きな足」(右足40.1cm、左足39.6cm)、中国から「存命中の最も背の高い夫婦」(236.17cmと187.3cmで合わせて423.47cm)、ドイツから「木靴を履いて走る最速100m」(16秒27)など、多数の新しい記録が届いた。

関連記事一覧