就活2018、動き出し早まる 6月前に面接選考開始が66.5%に増加

2021年春以降、「就活ルール」廃止へ? 経団連会長が発言

経団連の中西宏明会長は3日に行われた定例記者会見で、就職活動の時期などを定めた「就活ルール」について、廃止の意向を示した。

中西氏は会見の冒頭で「経団連が採用日程を采配することに違和感がある」と発言。また、インターネットを活用し、一人の学生が何十社もの企業に応募をする近年の就職活動の現状について「各社の状況に応じた方法があり違いがあってしかるべき」であると言及し、終身雇用や新卒一括採用などの現在の雇用慣行に対する疑問を呈した。

現在の経団連の就活ルールでは、3月に会社説明会、6月に面接がそれぞれ解禁されることになっており、2020年春入社まではこれを適用することになっている。

今後、2021年春以降の採用選考に関する指針のあり方について、当事者である就活学生の意見も参考に、経団連で議論する予定だという。

(写真はイメージ)

関連記事一覧