• HOME
  • 社会・経済
  • AIチャットボット「りんな」で地方応援プロジェクト マイクロソフト
AIチャットボット「りんな」で地方応援プロジェクト マイクロソフト

AIチャットボット「りんな」で地方応援プロジェクト マイクロソフト

日本マイクロソフトは12日、ソーシャルAIチャットボット「りんな」を活用した地方応援プロジェクト「萌えよ♡ローカル ~りんなと地方とみんなの未来~」を開始した。参加型のゲームを通して、地域への関心を高めてもらうことが目的。12日時点で、5つの地方自治体(群馬県、宮崎県、千葉県香取市、福岡県北九州市、佐賀県佐賀市)と1団体(あまみ大島観光物産連盟)が参加を決定している。

AI「りんな」は、ユーザーの指示を実行する一般的なアシスタント型 AI とは異なり、人間との感情的なコミュニケーションにフォーカスされたAIチャットボット。主に都市部の若年層を中心に700万人を超えるユーザーがいる。プロジェクトのひとつ「りんなの社会科見学@宮崎県」では、LINE上でりんなの出す、宮崎の歴史や暮らしを題材にしたクイズに答えながら、宮崎県について知ることができるゲーム。一定数正解すると、宮崎県産のキャビアが当たるなどのプレゼントも用意されている。このほか、りんなと一緒に観光スポットを訪問するなど、地域を舞台にした物語を楽しむことができるノベルゲームや、珍しい観光スポットをAIが紹介する地図サービスなどもある。

本プロジェクトで得たデータをもとにユーザーの行動を分析し、将来的には地方への潜在的な関心の掘り起こしや、ユーザーに実際に足を運んでもらうよう誘導する機能も計画されている。

画像提供:宮崎市観光協会

関連記事一覧