• HOME
  • 社会・経済
  • 日本初・自販機のサブスクリプションサービス開始 JR東日本
日本初・自販機のサブスクリプションサービス開始 JR東日本

日本初・自販機のサブスクリプションサービス開始 JR東日本

JR東日本ウォータービジネスは8月29日、自動販売機のサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を10月1日から開始すると発表した。専用スマートフォンアプリのQRコードを自販機にかざすと、対象商品を1日1本受け取ることができるというもの。9月2日~16日の期間にサービス利用者500名の抽選募集を行う。同社によると、自販機業界で自社アプリを活用してサブスクリプションサービスを提供するのは日本初という。

同サービスは、JR東日本エリアの駅に約400台設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」に、専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」へ配信される QRコードをかざすと1日1本、対象商品を受け取ることができるというもの。

実施プランは、月額980円の「アキュアメイドプラン」と月額2480円の「プレミアムプラン」の2種類。「アキュアメイドプラン」では、オリジナルブランド「アキュアメイド」の商品、「プレミアムプラン」では「アキュアメイド」の商品に加え、他飲料メーカーを含んだイノベーション自販機取扱いの全商品が対象となる。例えば、各プランを利用して、30日間毎日150円の商品を受け取った場合は合計4500円となり、本来かかる金額よりお得に商品が購入できるという。

なお、「アキュアメイドプラン」の利用期間は1カ月で、その後は「プレミアムプラン」へ自動移行されるという。

画像提供:JR東日本ウォータービジネス

関連記事一覧