• HOME
  • 科学・技術
  • 日本IBMやオムロンなど5社がAI搭載スーツケース開発 視覚障がい者の移動支援
日本IBMなど、AI搭載スーツケースで視覚障がい者を支援

日本IBMやオムロンなど5社がAI搭載スーツケース開発 視覚障がい者の移動支援

日本IBM、オムロン、清水建設、三菱自動車、アルプスアルパインの5社は6日、「次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立し、視覚障がい者の支援のためのAI搭載スーツケース型端末の開発と実証事件を進めていくと発表した。同コンソーシアムは視覚障がい者の社会参加にハードルとなっている「町を自由に移動できないこと」の解決策として、最新のAIとロボットの技術を組み合わせた統合ソリューション「AIスーツケース」を考案したという。

同コンソーシアム設立のきっかけとなったのは、自らも視覚障がいがある浅川智恵子IBMフェローの、米国カーネギーメロン大学(CMU)における視覚障がい者のためのスーツケース型誘導ロボットの研究だ。このスーツケース型ロボットは駆動系機構、カメラや画像認識センサーなどを持ち、身に着けるウェアラブルデバイスと組み合わせて使用するというもの。目的地までの最適ルートを探索して、音声や触覚などで情報を提示して誘導するという。さらに位置情報とクラウド情報を組み合わせて買い物支援をする音声対話機能、映像から知人を認識して円滑なコミュニケーションを支援する機能、周囲の人の行動を認識して「行列に並ぶ」といった、その場に応じた社会的な行動を支援する機能を持つ。

日本IBMは同コンソーシアムの代表理事でありAI技術を提供する。またオムロンは画像認識技術とセンサー技術を提供。清水建設は屋内外ナビゲーションについてアドバイス、三菱自動車はモビリティ全般についての技術提供、そしてアルプスアルパインは触覚インターフェースについて技術提供を行うという。

今年6月には東京都内の複合商業施設にて、AIスーツケースの公開実証実験を実施する予定。今後、業種を超えた複数の企業が技術や知見を持ち寄り、AIスーツケースを開発していく。

日本IBMなど、AI搭載スーツケースで視覚障がい者を支援

画像提供:日本IBM

関連記事一覧