• HOME
  • 社会・経済
  • 災害復興支援ノウハウ共有サイト「復興BASE」開設 支援が薄くなる復興期に注目
災害復興支援ノウハウ共有サイト「復興BASE」開設 支援が薄くなる復興期に注目

災害復興支援ノウハウ共有サイト「復興BASE」開設 支援が薄くなる復興期に注目

RCFは12日、災害復興支援に特化したWEBサイト「復興BASE」を開設したと発表した。災害から一定の時間が経過し、支援が手薄になりがちな「復興期」に特に焦点を当てて、復興支援に関するノウハウの共有と、復興支援のネットワーク構築を目指した情報発信を行っていく。

RCFは2011年の東日本大震災をきっかけに設立され、災害復興のための調査や支援事業のコーディネートに取り組んできた。被災地では、発災直後の緊急期やその後半年後くらいまでの復旧期と比べると、地域コミュニティの再建や地域経済の再生等のフェーズに入る復興期には世間からの注目度が下がり支援が手薄になりがちになる。

同法人は、この復興期の課題解決に焦点を当て、復興支援を行政だけで担うのではなく、企業・地域・NPO・行政がそれぞれの役割を活かしながら連携し、長期的な取り組みができるようなサポートを行っている。

WEBサイトでは、2019年度に起きた台風15号・19号災害の被災地で活動する地域団体の活動状況や、過去の災害における復興支援に関する知見やノウハウ、復興期にも支援活動を続ける企業の取り組み等を紹介していく。

画像提供:RCF

関連記事一覧