• HOME
  • 社会・経済
  • サービスをミシュランのように可視化「おもてなし技能マスター」

サービスをミシュランのように可視化「おもてなし技能マスター」

日本しぐさ協会(東京都千代田区)は、サービス業向けの教育講座「おもてなし技能マスター」を2016年5月に開始する。マナーや接遇の教育だけでなく、日本人特有の相手を思いやる「しぐさコミュニケーション」を活用し、相手に伝わるコミュニケーションに重点を置いたもの。インバウンド観光客などへの対応として小売業での需要を見込む。サービス開始に先行して、講師養成を今年12月から開始する。

従来は、英語が苦手なサービス従事者に対しては英会話をマスターさせる教育をしていたが、同講座では、フレーズ英語だけでもコミュニケーションできるよう「ボティランゲージ」をプラスする。

さらに、ミシュランの「星」認定のように段階別に認定を行うことで、サービスの水準がひと目で分かるようにする。「知識」「スキル」「精神」「場」「商品知識」「やり方」「あり方」の7項目をベースに構成している。

「おもてなし技能マスター」ホームページ
http://www.omotenashi-ginou.jp/

(写真はイメージ)

関連記事一覧