フェイスブック、人工衛星でアフリカのネット環境拡大へ

米フェイスブックは5日、現在アフリカ地域に提供しているインターネット接続環境をさらに拡大するため、フランスの通信衛星運営会社ユーテルサット(Eutelsat Communications)と提携すると発表した。これにより現在製作中の人工衛星「AMOS-6」を打ち上げることが可能となり、サハラ砂漠以南の大部分の地域にインターネット接続環境を提供できるという。打ち上げは2016年の予定。今後は打ち上げ後のサービス提供のため、アフリカの現地パートナーと協力関係を構築していく。

フェイスブックは昨年、上空からダウンビームを飛ばしインターネットアクセスさせる無人飛行機の研究を進めてきたが、技術面やコスト面で難易度が高く、今回の通信衛星による接続へ方向を転換した。

画像提供:Eutelsat

関連記事一覧