JR西日本、エヴァ新幹線「500 TYPE EVA」起動

JR西日本は、11月7日からエヴァ新幹線「500 TYPE EVA」車両の運行を始める。山陽新幹線の全線開業40周年と、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念した、「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」の一環。

「500 TYPE EVA」車両は初号機を模した塗装が施され、エヴァンゲリオンの監督である庵野秀明氏の監修、メカニックデザイナーである山下いくと氏の車両デザイン。庵野氏は「500系は夢の超特急らしい直球なかっこよさが詰まった、一番好きな新幹線車両です。この車両とエヴァンゲリオンがコラボさせていただけるとは、とても光栄で感謝の極みです」、山下氏は「500系は新幹線の中でも群を抜いて格好良い車両だと思います。ここまで夢を乗せられる車両はリニア時代になっても当分出ない気がします。なので、エヴァ的カラーリングにするとともに元のデザインを生かして未来からやってきた500系みたいにできたらいいなと」とコメントしている。

1号車には座席がなく、展示コーナー「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」「フォトスポット」「ジオラマ」と、体験コーナー「実物大コックピット搭乗体験」が設置される。利用には事前予約が必要。2号車は「EVAデザイン」の特別内装車だが、通常の新幹線同様に「自由席」として乗車できる。3~8号車は通常車両の客室だ。

2017年3月までの運行期間中、午前6時36分博多発で午前11時14分新大阪着のこだま730号と、午前11時32分新大阪発で午後4時7分博多着のこだま741号として運行される。運行されない日もあるため、あらかじめ運転日カレンダーの確認を。

運転日カレンダー
http://www.500type-eva.jp/timetable.html

画像提供 新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト

関連記事一覧