トヨタ、2030年までに電池開発へ1兆5千億円の投資を発表

トヨタ、2030年までに電池開発へ1兆5千億円の投資を発表

トヨタ自動車は9月7日に開催したオンライン会見で、電気自動車等に搭載する電池の研究開発と生産供給体制の構築に、2030年までに約1兆5000億円を投資する方針を発表した。

オンライン会見に登壇したトヨタ自動車の前田昌彦CTOは「電動化を進める事は、カーボンニュートラルに近づくための効果的な方法の一つであり、トヨタは電動車両をフルラインナップで準備している」と述べた。

トヨタでは、電動車フルラインナップ化に伴い、電池もフルラインナップで開発・製造を進めているとし、2020年代後半を目処に新型リチウムイオン電池の開発をすすめると述べた。さらに電池自体のコストも材料や構造の開発によって30%以上の低減と、車両・電池一体開発を行うことで、20年代の後半には1台当たりの電池コスト50%低減を目指すという。

前田CTOは「電動車両が急拡大する中、グローバルの地域ごとの様々なお客様のニーズに応えながら必要なタイミングで、必要な量を安定的に供給できるフレキシブルな体制構築を進めている」とし、「開発と供給の両方の体制を整えることで電動車の普及を進め、カーボンニュートラルに貢献していきたい」と述べた。

画像提供:トヨタ

関連記事一覧