10月の訪日外国人、過去最高 累計1631万人超

日本政府観光局(JNTO)は18日、2015年10月時点での訪日外国人数(推計値)を発表した。10月の訪日外国人数は182万9300人で、前年同月比43.8%となり、単月としては今年7月の191万8356人に続き、過去2番目となった。1月から10月までの累計は1631万6900人と、過去最高となった。

10月単月の訪日客数は、主要20カ国・地域のうち、ロシアを除く19の国・地域で過去最高となった。前年同月比で見ると、中国(99.6%増)、香港(66.9%増)、韓国(48.6%増)、ベトナム(40.6%増)で特に増加率が高かった。

10月までの累計では、中国からの訪日客が428万3700人となり、国別に見た年間訪日客数が初めて400万人を超えた。また、台湾、インドネシア、カナダ、フランス、イタリア、スペインからの訪日客が2014年の年計を上回り、今年の累計が昨年の年計を超えたのは主要20カ国・地域のうちで11カ国・地域となった。

JNTOは、11月は紅葉シーズンが本格化することなどに伴い、引き続き需要が高くなると予想している。

国・地域 2015年10月 前年同月増加率(%)
韓国 37万800 48.6
中国 44万5600 99.6
台湾 34万3600 32.0
香港 12万9100 66.9
タイ 8万6000 8.3
シンガポール 2万5200 25.1
マレーシア 2万8500 18.7
インドネシア 1万6800 37.9
フィリピン 2万5700 32.3
ベトナム 2万1400 40.6
インド 9700 18.2
オーストラリア 2万9600 23.4
米国 9万6200 16.6
カナダ 2万1900 23.9
英国 2万6200 7.8
フランス 2万3900 18.5
ドイツ 1万8800 14.2
イタリア 1万200 15.1
ロシア 5200 ▲23.4
スペイン 8400 23.9
その他 8万6500 15.3
総数 182万9300 43.8

(写真はイメージ)

関連記事一覧