世界のICT普及度 1位は韓国、日本は11位

国際電気通信連合(ITU)が11月30日に発表した、主要な国や地域ごとの情報通信の普及状況を調査した「ICT発展指標(IDI)」によると、総合ランキング1位は韓国、2位はデンマーク、3位はアイスランドの順となり、日本は11位だった。日本は2010年のランキングから2つ順位を落とした。同調査は世界167の国と地域を対象に実施された。

IDIは、パソコンの保有率やモバイル端末契約数などを合わせた「接続(Access)」、インターネット利用者数やブロードバンド回線数などを合わせた「利用(Use)」、利用者の情報通信リテラシーを示した「技術(Skills)」の3分野から構成されている。日本は「接続」で11位、「利用」で10位、「技術」で35位だった。

アジア太平洋圏では、2位に香港が入り、続いて日本、オーストラリア、ニュージーランドとなった。

(写真はイメージ)

関連記事一覧