• HOME
  • 国際
  • アフリカで児童婚の女性1億2500万人 2050年までに倍増の恐れ

アフリカで児童婚の女性1億2500万人 2050年までに倍増の恐れ

ユニセフ(国連児童基金)は11月26日、アフリカの児童婚に関する報告書(“A Profile of Child Marriage in Africa”)を発表した。アフリカで18歳未満で結婚した女性は1億2500万人おり、2050年までには3億1000万人に倍増する恐れがあるとした。11月26~27日に開かれたアフリカ連合(AU)の「ガールズサミット」に合わせて発表した。

児童婚を強いられた女性は世界で7億人以上おり、アフリカの1億2500万人はそのうち17%にあたる。20歳から24歳までの女性のうち、18歳未満で結婚した女性の割合は、アフリカ全体で34%。1990年の44%と比べると割合では減少しているが、18歳未満の女性の人口が1億6000万人から2億7500万人に増えているため、総数は一概に減っているとは言えない。

児童婚をなくす取り組みが加速して2050年に同割合が16%になったとしても、18歳未満の女性の人口は4億6500万人に増えると予想されるため、18歳未満で結婚する女性の総数は減少せず、1億5000万人に増えると予想している。同割合を世界の他の地域と比べると、現在最大の南アジアをアフリカが2050年までに抜くと予想している。

また、同割合が減少しているのは富裕層のみで、貧困層では減少していないことも指摘している。アフリカ内の各地域別にみると、西アフリカが42%と最も高く、西アフリカと南アフリカの貧困層では1990年から同割合が増加している。

ユニセフは児童婚によって妊産婦死亡リスクが高まること、暴力や虐待、搾取の被害を受けやすくなることなどを指摘し、児童婚を終焉させるためのさらなる取り組みが必要であることを述べている。

(写真はイメージ)

関連記事一覧