• HOME
  • 国際
  • カンボジア女性起業家セミナー、日米主催で開催

カンボジア女性起業家セミナー、日米主催で開催

 3月25日、カンボジアのプノンペンで「カンボジアにおける女性起業家セミナー」が開かれた。日本外務省、国際協力機構(JICA)、米国国務省の共催で、女性の経済面のエンパワーメントに関して意見を交換した。
 女性起業家、起業を目指す女性、起業家支援機関の関係者、ビジネス関係者、NGO代表、行政府等から約120名が参加した。カンボジアにおける女性の更なる活躍のため、起業家精神を啓発することに焦点を当てた意見を交換することと、女性の起業における課題を取り上げ、それらの課題を克服するための成功事例を共有することを目的に開催。カンボジアでの女性のビジネスの関わりについて、活発に意見が交換された。
 同セミナーは、米国国務省が推進する女性の起業やビジネスに関する能力構築支援であるWECREATE (Women’s Entrepreneurial Centers of Resources, Education, Access and Training for Economic Empowerment)イニシアチブの一環。
 また、同セミナーは2010年から外相会議・首脳会議を毎年開いている日本とメコン河流域諸国(ベトナム、カンボジア、ラオス、タイ、ミャンマー)間の協力、および2011年から毎年開かれている米国主導による閣僚級会合「メコン河下流域フレンズ(FLM)」(米国、日本、メコン諸国、豪州、EU等が参加)の2つの枠組みで、日・米・メコン諸国が経済分野で連結性を強化させることの一環で開催された。

関連記事一覧