旧バージョンのIEにご用心 サポート対象外に

13日、マイクロソフト社はWebブラウザInternet Explorer(IE)のサポートポリシーを改めた。各Windows OSごとに最新版のIEだけがサポート対象となり、たとえばWindows 7ではIE11だけとなる。今後は旧バージョンに対する技術サポートやセキュリティ アップデートの提供は行われないので、旧バージョンを使用している場合、最新版へのアップグレードが必要になる。

同社は変更の理由を大きく2つ挙げている。

まず1つ目はセキュリティ対策だ。同社では日々IEの潜在的な脆弱性を修正しているが、OS提供時の環境を前提に開発された旧バージョンのIEでは、定期的な更新プログラムの適用だけでは対処が難しいケースがあるという。悪意あるソフトウェアに対する保護件数は、Windows 7提供時の初期ブラウザであるIE8では69%、IE11では99%以上になるとしている。

次に、開発や検証の負担軽減を挙げている。Windows 7ではIE8、9、10、11と4つのバージョンがサポートされてきたため、Webアプリケーションを開発する際には4つのバージョンでの動作検証が必要だった。今後はWindows 7の場合、IE11だけを考えて開発すればよいということになる。

このため、WebブラウザにIEを使用している場合は、バージョンのチェックが必要だ。下記に各Windows OSごとの最新版IEのバージョンを挙げるので、参考としてほしい。

Windows OS 最新版IEのバージョン
Windows Vista SP2 IE 9
Windows Server 2008 SP2 IE 9
Windows 7 SP1 IE 11
Windows Server 2008 R2 SP1 IE 11
Windows 8.1 IE 11
Windows Server 2012 IE 11
Windows Server 2012 R2 IE 11

なお、同日にWindows 8のサポートも終了しているので、Windows 8を利用している場合はWindows 8.1あるいはWindows 10にアップデートする必要がある。

(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧