2015年訪日外国人大幅増加 45年ぶりに出国日本人数を超える

日本政府観光局(JNTO)は19日、2015年の訪日外客数の推計値を発表した。前年比47.1%増の1973万7400人で、人数・伸び率ともに統計を取り始めた1964年以降最大となった。また1970年以来45年ぶりに訪日外客数が出国日本人数(1621万2100人)を上回った。

訪日外客数は2012年以降増加を続け、2013年には初めて1000万人を超えて2014年には過去最高の1341万3467人となった。2015年はそれを600万人以上上回った形となる。

国別で見ると、訪日客数は主要20カ国・地域のうち19で過去最高となった。人数・前年比伸び率ともに中国(499万3800人、107.3%増)が最大となり、例年1位の韓国と、3年連続2位の台湾を抜いた。人数が中国に次いで多かったのは韓国(400万2100人)、台湾(367万7100人)、伸び率が中国に次いで大きかったのは香港(64.6%増)、ベトナム(49.2%増)だった。

各国の訪日客数は以下の通り。
2015年訪日外国人大幅増加 45年ぶりに出国日本人数を超える
 

JNTOは増加の主な要因を、クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がり、訪日旅行プロモーションによる需要拡大に加え、円安、ビザ緩和、消費税免税制度の拡充などと見ている。

なお、オンライン旅行会社エクスペディアが予約状況に基づいて18日に発表したランキングによると、2015年の訪日客伸び率が多かったのは順に香港(272%)、韓国(196%)、タイ(193%)だった。人気の都市トップ3は順に東京、大阪、京都で、伸び率が最大だった都市は熊本(359%)となった。

2015年訪日外国人大幅増加 45年ぶりに出国日本人数を超える

2015年訪日外国人大幅増加 45年ぶりに出国日本人数を超える

2015年訪日外国人大幅増加 45年ぶりに出国日本人数を超える
画像提供:エクスペディア

 
(写真はイメージ)

参考記事
10月の訪日外国人、過去最高 累計1631万人超
訪日外国人に人気の国内旅行先は、東京、大阪、京都

 
Facebook Like!

関連記事一覧