• HOME
  • 国際
  • サッカーベトナム代表の三浦監督、解任 帰国までベトナム観光

サッカーベトナム代表の三浦監督、解任 帰国までベトナム観光

ベトナムサッカー連盟(VFF)は1月28日、ベトナム代表チームの三浦俊也監督を解任した。数日間、ベトナム国内の観光などで過ごし、6日に日本に帰国する予定。ベトナム紙「VnExpress」が2日に報じた。

三浦氏は2014年5月にVFFと契約を結び、2年弱ベトナム代表チームを率いた。契約期限はまだ2カ月残っているが、残った2カ月分の給与を辞退したという。ただし、リオデジャネイロ・オリンピックのアジア予選として、今年1月にカタールで開催されていたAFC U-23でのベトナム代表に関する報告は、引き続き最後まで行う。

契約期間中、三浦氏はすべての時間を仕事に注ぎ込み、ベトナム国内を観光することはなかった。帰国までベトナム観光をしたり、ベトナムの友人を訪ねたり、応援してくれた人々に感謝を述べて回る予定だという。同氏は「ベトナムは私に特別な経験を与えてくれた。近い将来、またここに戻ってくる機会があればと願っている」と述べた。

同氏は帰国後、家族としばらく過ごしてから、新たな活躍の場を探していく予定だという。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧