一人当たり借金823万円に 「国の借金」やや減少

10日、財務省が発表した2015年12月末時点の「国債及び借入金並びに政府保証債務現在高」によると、国債・借入金・政府短期証券を合わせた「国の借金」は1044兆5904億円だった。昨年9月末から9兆8340億円減少しているものの、国民1人あたり約823万円借金している計算となる。(※)

内訳は、国債が昨年9月末から7兆6143億円増加し902兆2005億円、借入金が1兆2416億円増加し55兆513億円、政府短期証券が18兆6898億円減少し87兆3386億円だった。

※総務省の1月1日時点での人口推計1億2682万人で計算(1万円未満切り捨て)。

 
(写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧