デンソーとNTTドコモ 高速通信網での自動運転・運転支援技術開発で協力

デンソーとNTTドコモは22日、高速通信サービス「LTE」や次世代移動通信システム「5G」などの通信技術を利用した車両の運転支援や、自動運転の技術開発で協力すると発表した。

具体的には、高速道路での合流や見通しの悪い都市部の交差点などで通信網を活用し、実車両での走行実験やシミュレーターでの技術安全性の評価などを進める。

現在デンソーは、自動車と信号機などのインフラ間や、自動車と自動車の間で、通信の利用による車両制御や車載器の研究開発に取り組み、またドコモは自動車と歩行者に加え、自動車周辺のあらゆるものを通信網で繋げる研究開発に取り組んできた。

今回、両社の協力により車両通信にLTEや5Gなどの高速通信技術を利用することで、高速かつ高精度な技術開発が可能となる。

 
デンソーとNTTドコモ 高速通信網での自動運転・運転支援技術開発で協力
[画像提供:デンソー]

 
(冒頭写真はイメージ)

Facebook Like!

関連記事一覧